下水道用マンホールふたに関連する規格の「JSWAS G-3 下水道用鋳鉄製防護ふた」「JSWAS G-4 下水道用鋳鉄製マンホールふた」「JIS A 5506 下水道用マンホールふた」の概要を下記に示します。
 なお、詳細内容については、協会規格を参照下さい。
   
       
  【JSWAS G-3 下水道用鋳鉄製防護ふた】    
       
  防 護 ふ た    
 
種 類 呼 び 構 造 材 質
標準型 T-25 200、300、
350
・こう配受け構造
・ふたと枠は蝶番、鎖等で連結

JIS G 5502と同等以上の材質

・ふた
呼び300・350のT-25及びT-14はFCD700、
上記以外はFCD700又はFCD600

・枠
FCD600

T-14 200、300、
350
T-8 150、200、
300、350
・こう配又は平受け構造
・ふたと枠は蝶番、鎖等で連結
簡易型 T-8 150、200、
300
 
 
注. 防護ふたの「呼び」は、防護ふたが適用されるプラスチック製ます径及び小型マンホール径に対応したものとする。
備考. 簡易型の構造は、ふたと枠及び胴パイプからなり、胴パイプはJSWAS K-1(下水道用硬質塩化ビニル管)の直管とし、ボルト・ナットなどにより枠に固定する。
   
       
 

[附属書]

台 座

   
 
種 類 材 質 呼 び 適用防護ふた
荷重
種類
枠高さ(mm)
標準型台座 再生プラスチック 200、300、350 T-25、T-14 150
レジンコンクリート
再生プラスチック 150、200、300、350 T-8
レジンコンクリート 300 T-25、T-14、
T-8
110
鉄筋コンクリート
簡易型台座 再生プラスチック 150、200、300 T-8 150
 
       
  【JSWAS G-4 下水道用鋳鉄製マンホールふた】    
       
 
種 類 呼 び 構造及び性能 材 質
T-25

300、400、
500、600、
900、
900-600




[基本性能]
・がたつき防止性能
急勾配受け構造とし、外部荷重に対し、がたつきを防止
・逸脱防止性能
ふたと枠は、蝶番等にて連結し、ふたは開閉操作時に逸脱しない

[付加性能]
・不法開放防止性能
ふたと枠は、蝶番等と錠にて連結され、所定の専用工具以外で、ふたが容易に開放されない
・圧力解放耐揚圧性能
ふたと枠は、蝶番等と錠にて連結され、下記の基準を満足する

基準(呼び600)

項 目 基準値
耐揚圧荷重強さ 60kN〜106kN
浮上高さ 20mm以下
残留高さ 10mm以下
ふた浮上時の車両通行 ふた浮上状態で車両通行により解錠しない

JIS G 5502と同等以上の
材質
・ふた FCD700
・枠  FCD600

T-14 300、400、
500、600、
900、
900-600
 
 
注. 基本性能: 基本的にふたと枠が有すべき性能
  付加性能: 下水道事業者が地域事情に応じて選択することが出来る性能
   
 

[附属書]

転落防止装置

   
 
 
呼 び 性 能
600 項目 荷重強さの基準値 (kN)
耐揚圧荷重強さ 転落防止装置の投影面積
(m²)×0.38Mpa×1000以上
耐荷重強さ 4.5 以上
   
       
  【JIS A 5506 下水道用マンホールふた】    
       
 
種 類 構 造 材 質
ねずみ鋳鉄ふた 平受け構造 JIS G 5501 FC200、FC250又はFC300
球状黒鉛鋳鉄ふた 急勾配受け又は平受け構造 JIS G 5502 FCD500、
FCD600又はFCD700
鉄筋コンクリートふた 平受け構造 ・鋳鉄部はJIS G 5501
・コンクリートの
 圧縮強度は、
 30N/mm²以上
 
 
備考 1. ふたと枠とを連結するちょう番等を設けるが、設置される場所によっては省略することができることとされている。
  2. ねずみ鋳鉄ふた及び球状黒鉛鋳鉄ふたは、T-25仕様の道路一般用で、鉄筋コンクリートふたは歩道用と区分されている。