下水道マンホール安全対策の手引き(案)

 建設省に設置された下水道マンホール緊急安全対策検討委員会の提言をまとめ、下水道用マンホール安全対策の手引き(案)として平成11年3月に(社)日本下水道協会より発行されました。その内容は大きく下記の3項目となっています。

 また、マンホールふたについては浮上飛散の問題だけでなく、がたつき,破損,スリップ,腐食など8項目についての安全対策の必要性が説明されています。

1.ふたの浮上、飛散発生のメカニズム

ふたの浮上、飛散発生のメカニズムは下記の3項目に大別されています。
発生要因の詳細は本手引き(案)を参照して下さい。

1.水圧の上昇
衝撃的な水圧
(ウォーターハンマー現象)
2.空気圧の上昇
衝撃的な空気圧
(エアーハンマー現象)
3.空気塊の急浮上
衝撃的な空気圧
(エアーハンマー現象)

2.危険箇所の選定

a.危険地点、優先度判定表 (最重要項目)

危 険 度 低 い -----> 高 い 備 考

管断面の縮小
    90%   80%
下流/上流
伏 越 し
        有り
 
急 曲
    90度   90度以上
合 流
(雨水吐き室を含む)
    90度   90度以上
落 差 工
        有り





マンホール間隔
    50m   100m
 
ふたの空気抜き
800cm2   100cm2   10cm2

凹 地 部 凹 地 部  
急斜面から緩斜面への変化点
        変化点

管きょ流下能力
100%   50%
計画流量比
ポンプ場
揚水能力
100%   50%
 

b.危険地点、優先度判定表 (重要項目)

危 険 度 低 い -----> 高 い 備 考





管 径
φ1,000mm   φ2,000mm
く形の場合は
断面積相当
管きょの接合 管頂  水面  中間  管底  
土 被 り
2m   5m   10m
縦 断 形
        逆勾配