JGMA30年の価値創造

工業会が残した価値、これから創り上げる価値

JGMA活動の特長・考え方

JGMA設立からの30年間、急激な下水道事業の成長と、多様な社会環境・自然環境の変化の中、
様々なステークホルダーからの要求に対して『GMのものづくり』視点から課題解決と
経済的・社会的価値を提供してきました。

また、「下水道事業の急成長」と「多様な社会環境や自然環境変化」に対して、
3つの重要なテーマをもとに、活動を行ってまいりました。
この活動を一言で表現するなら、我々は
『見える下水道 路上の橋』
のコンセプトを軸に活動してきた30年であると言えます

時代背景とJGMA活動の関係性

     

JGMAが創り上げた[価値]とは

工業会では、下水道事業の事業拡大と成長期に、多様な技術開発やものづくりから、
GM軸での多様な経済的効果を創出し貢献してきました。

  コストの削減

       ●GMの重量は160㎏から、90㎏以下に
       ●歩道用、車道用のマンホール蓋の使い分け

  効率化・高性能化

       ●構造設計によるがたつき防止
       ●長寿命化による取替サイクルの減少
       ●施工スピードと品質の向上

平成の社会環境や自然環境からの安全性の要求に対して、機能技術開発の進化により多様な環境対策やリスク対策を進め、
市民の身近な安心と安全性確保に貢献してきました。また下水道広報の切り口としてのマンホール蓋広報が、
市民全体への下水道の認知、社会性や地域活性化の効果を生み出しています。

ものづくりの進化による環境対策

工業会会員社の多くはキューポラでの製鉄から、高周波電気炉に、1970年代の早い段階からシフトしました。
キューポラでの製造に比べ、電気炉はCO2の排出量が大幅に抑えられる環境メリットがあります。


安全機能の進化による多様なリスク対策

マンホール蓋は道路など、常に過酷な環境にさらされているため、十分な安全性能が必要です。
工業会では時代ごとに移り変わる安全へのニーズに対応し、破損やスリップ、豪雨時のリスク対策に国、自治体と連携して取り組んでいます。


  ※画像素材は要検討(載せれるものを採用)

市民の身近な下水道の認知

都市ごとに異なる「ご当地マンホール」の流行もあり、市民の皆様に身近な下水道施設として認知を拡大してきました。
下水道の顔、としての広報活用も全国で取り組まれています。