1. HOME
  2. マンホール蓋について
  3. 維持管理について
  4. 維持管理上の課題
  5. 管路とマンホール蓋の老朽化の現状

維持管理について

Maintenance

維持管理上の課題

管路とマンホール蓋の老朽化の現状

下水道管路の総延長距離と老朽化したマンホール蓋の現状

2018(平成30)年度末時点での下水道管路総延長距離は約48万kmとなっており、30年経過したものが約10万km以上、50年経過したものが約1.9万kmで、今後、更に増加していきます。

マンホール蓋に換算すると、全国で約1,500万基設置されており、30年以上経過したものは約300万基あると推測しています。

出展:国土交通省下水道部㏋

2018(平成30)年1月~6月にかけて全国紙・地方紙にマンホール蓋の老朽化に関する記事が掲載されました。

老朽化したマンホール蓋への関心の高さがうかがえます。

老朽化リスクへの啓発活動

当工業会では、研修会や講習会などの機会を通じて、マンホール蓋のリスクの啓発活動を行っています。

しかし、実際に更新されるマンホール蓋は全国で年間10万基という状況です。

マンホール蓋は全国に約1,500万基設置されていますので、すべての蓋を更新するのに150年かかるサイクルとなっています。

車道部のマンホール蓋の標準耐用年数は15年なので、現在は標準耐用年数の10倍のサイクルでの更新となっています。